もし加害者になってしまったら再優先ですること

運転中に負傷者をだしてしまった場合、ドライバーには様々な責任があり、中でも応急救護処置の早急な対応が必要で人間は心臓が停止して3分が経ってしまうと死亡率が50パーセントになってしまい、呼吸停止の場合でも呼吸が停止して10分経過してしまうと死亡率が50パーセントになるため、心臓が停止している被害者を救急車が来るまで放置してしまうと命を救うことは困難となり早急な対応が必要となり、119番への通報を迅速に行い心臓マッサージや人工呼吸による心肺蘇生を行う責任があります。しかし現状では約4割のドライバーしか応急救護措置の対応を行っておらず、車を運転するものとしての責任や知識が求められます。また負傷者は頭を強く打っている可能性がありますので、ゆすったりむやみに動かさないことが大切ですが、速やかに車の通行の妨げにならない安全な場所に移し救急車が来るまで待ちますが、出血などをしている場合は止血などの応急救護処置を行います。最近のニュースなどでは救護措置ををとらず現場を立ち去る、ひき逃げが報道されていますがドライバーとして加害者になってしまった時には被害者に対して適切な措置をとることが必要となり、その為の知識を把握しておかなくてはいけません。