もし任意保険未加入の車と事故にあってしまったら

車が入る保険には自賠責保険と任意保険の二通りがあります。
このうちの自賠責保険は強制保険ともよばれるもので、怪我などに関してのみ保険が適用されます。つまり車両の修理などに関しては保険が適用されません。
もし相手が自賠責保険のみしか加入していなかった場合は、どうすればよいのでしょうか。
これは泣き寝入りしかないのか?と思えてしまいますが、実はご自身がしっかりと任意の保険に加入していれば、ある程度対応することができます。相手との交渉も保険会社が行ってくれますから、安心できる場合も多いのではないでしょうか。
また怪我などをした場合に相手の自賠責保険に請求するのはもちろんですが、こちらの手配なども合わせて行ってもらえます。
基本的に自賠責保険の場合、加害者請求といって相手が治療費をたてかえておいて加害者が請求する方法と、被害者が立て替えておいて請求する方法の二通りがあり、さらには立て替えるための金銭が手元にない場合は被害者のみが請求できる仮渡金制度というものもあります。これは条件によってあらかじめ一定金額を仮渡ししてもらい、余剰分は後ほど返還するという方法です。
ただし相手が100%悪いような場合は、保険会社が交渉窓口になってくれることはありません。こういった時に弁護士費用のついたものに加入していると、弁護士を通じて相手に請求することができます。