被害者や事故現場の確認をしよう

車を運転していて事故を起こしてしまった、自身が加害者となってしまった場合は、被害者や事故現場の確認が重要になります。
まず怪我人がいる場合、その人を路肩などの安全な場所に移動することと、救護が必要です。
但し、目に見えて重症である場合、出血が激しく意識が無いなど、明らかに危険な状況であれば、無理に移動させずにすぐに救急車を呼ぶようにします。
もし負傷者がいるにも関わらず、これらを怠った場合には道路交通法違反となり、罪に問われることがあります。
「負傷者の救助」は事故を起こした側の義務になります。
万一自分が負傷している場合であっても、被害者の救護を最優先にして行動しなくてはなりません。
そして、事故現場を警察の実況見分が終わるまで保存しておくことも重要になります。
これをしておくことによって、事故後に裁判などが起きた際には重要な証拠にもなりえます。
しかしながら交通量が多く、二次被害の発生が予測される場合はこの限りではなく、現場内のどこで事故が起きたのかをしっかり把握し、携帯電話のカメラなどで保存した上で、車を路肩などの安全な場所へ移動させる必要があります。
また、警察を呼んだ後でもし余裕があるのであれば、被害者の免許証や連絡先、加入している保険会社などを確認しておくと、その後、スムーズな事故後対応ができるようになります。