もし自賠責保険未加入の車と事故にあってしまったら

自動車を道路で運転するうえで大切な事として、万が一の時のことを考えて、その保証をしなければならないというドライバーとしての責任があります。特に相手のものを壊してしまった、または相手の方を負傷させてしまった、最悪の場合は死亡させてしまったというような時に、その保障というものが必要となります。
その保障をどのように行うのかということですが、その殆どが金額を支払うことによって保証を行う方法が採用されています。ただ実際にはその額が非常に高額になるために、自分自身の支払能力の限界を超えることが殆どとなります。そのようなトラブルにならないために、ドライバーは保険に加入してトラブルに備えることが義務化されているのです。
中でも自賠責保険というものがありますが、これは別名として強制保険とも言われているものです。この保険に加入していないと車を運転することができないものです。しかし、中にはこの保険に加入していないドライバーがいることも事実です。そのようなドライバーとの万が一の場合は、その保証が受けられない場合があるのです。
そのような時には、自分自身の保険として、無保険車傷害保険を使用して保証を受けます。しかしこの保証は誰かが死亡した場合、または後遺障害が残った場合にのみ保険金が支払われるものですので、注意が必要です。