もし被害者になってしまったら警察や保険会社へ連絡しよう

自動車を運転中の場合や、歩行者として徒歩で歩いていた場合など、様々な状態がありますが、万が一自動車がぶつかってきてしまい、被害者となってしまった場合では、速やかな対応を行うことが求められています。まず、被害を受けた方が一人で本人のみの場合では、怪我があまり酷く無い状態では警察に連絡することが先決になります。また、連れ添いの方や、他の方を巻き込んでしまい、怪我人が出てしまった場合では、救急車をできるだけ早い段階で呼ぶことが必要になります。どちらのケースでも、警察には連絡することが必要とされており、警察では証明書を発行することになります。その証明書を基にして、保険会社では対応を進めていくことになるために、少しでも損害が発生している場合では、重要な内容になります。また、車対車の衝突の場合では、一つの例として追突などをされてしまった場合では、明らかに衝突部分が判るケースがあります。この場合では、速やかに安全な場所に自動車を移動することが良い方法とされています。その一方で、複数台の自動車が絡んでいる場合では、現場検証を必要としているケースが多々あるために、自動車を動かすことなく警察に通報することが必要になります。