保険に入らないデメリットについて

現在、日本では車を所持するに当たって保険に加入することが半ば当たり前の時代になっています。
車を新車であれ中古車であれ、業者から購入するのであれば、自賠責保険という保険に必ず加入することになっており、この自賠責保険に加入していない車は車検すら通れないようになっているくらいです。
また、保険には自賠責保険のほか、任意加入の保険というのも存在しており、その重要性はドライバーならほとんどの方が理解されているのではと思います。
実際、全ドライバーの7割は何らかの任意保険に加入しているというのが実情です。
では、保険に入らなかった場合のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
そのデメリットを説明する際に必ず出てくるのが、万一の際の補償問題です。
自動車を運転していて、万一人と衝突した場合はどうでしょうか。
人との衝突の場合は、自賠責保険で限度120万円までは補償してもらうことができます。
ですが、その場合の補償はほとんどの場合、120万円では足りません。
それに、自賠責保険では相手の車や公共のもの、自分のケガや車、示談などは全く補償されません。
自賠責保険のみの、任意保険は無保険の状態で車を運転するということは、万一の際に大きな賠償を要求される可能性があるのです。
任意加入の保険に加入していれば、その保険の内容に応じて人・モノ両方への補償がされるわけですので、これから車を所有する方、もしくは所有しているけど任意保険に入っていない方は、これを機に任意保険への加入を考えてみてはいかがでしょうか。”