加害者と被害者に異なる保険の関わり方

自動車対自動車や、自動車対人など自動車を運転していると、時には思わぬアクシデントに遭遇してしまうことがあります。万が一衝突をしてしまった場合に備えて、現在では強制加入保険の他に、任意加入のタイプのものにも加入しておくことが一般的に認知されています。衝突を起こしてしまった場合に、本人が加害者となった場合では、まずは被害者の身体の状態を確認して救急車を呼ぶなど適切な対応を行うことが求められています。そんな中、加害を与えてしまった方の立場としては、警察を呼ぶことも必要で、証明書を発行してもらうことが必要になります。その後は一般的には本人の加入している任意加入の会社に連絡することが必要とされており、相手側が加入している任意加入の会社と衝突に関する過失割合というものが決められることになります。例えば加害者側に過失が7割、被害者側に過失が3割という場合ではその割合に基づいて損害賠償が適用されることになるために、修理費用が100万円掛かる場合では70万円の負担額になることが基本とされています。したがって、たとえ加害者であっても過失によって決められることになるために、全額を負担するという条件では、基本的には過失が10割のケースに限定されています。