もし事故にあったら?確認しておきたいポイント

もし交通事故にあったら、どのようなことを確認しておくべきなのでしょうか?
非常時だけにそのチェックポイントが分からないということが多いものです。常日頃から意識して、いざという時に的確な対応ができるようにしましょう。
まず第一は負傷者の対応です。当事者が負傷していないかの確認をしっかりとしましょう。そしてそれと同時に警察へ、また負傷者がいるようなら救急車を要請するようにします。
次にすべきは周囲への配慮です。車を道路わきや交通の妨げにならない所へ移動します。
そして案外忘れがちになってしまうのが、目撃者がいた場合の対処です。偶然にも目撃した人がいた場合、お願いして警察がくるまで同席してもらったり、連絡先を伺うようにしましょう。これは過失割合をだすためにも必要なのですが、あとから目撃者を探しだすこと困難なのです。
もちろん当事者同士の連絡先・保険契約先も交換しましょう。相手の免許証をお借りして、記載事項などを控えさせてもらうことも欠かせません。そしてなるべく早く互いに保険会社に連絡をいれるようにします。加入先の保険会社の担当者が現場検証などに同席してくれる場合もありますし、また連絡がおくれると保険対象外になってしまう場合もあります。
これらのチェックポイントは欠かさずに確認しましょう。

 

 

gf1950145872l